電気・電子・材料・通信×クリーンエネルギー

       
    • 実施目的

      学内の電気・電子・材料・通信を専門とする研究者と、学部・学科の枠を超えて連携し、新エネルギーの生成・システム構築・ アプリケーションに至るまでの各要素技術を分野横断的に開発し、岡山理科大学発の新分散型発電方式を社会に広く発信すること を主目的とする。ターゲットとする発電方式は、熱・風力・水力発電であり、発電からアプリケーションに至るまでの技術研究開発 を行う。

    • 実施目的

      学内の電気・電子・材料・通信を専門とする研究者と、学部・学科の枠を超えて連携し、新エネルギーの生成・システム構築・ アプリケーションに至るまでの各要素技術を分野横断的に開発し、岡山理科大学発の新分散型発電方式を社会に広く発信すること を主目的とする。ターゲットとする発電方式は、熱・風力・水力発電であり、発電からアプリケーションに至るまでの技術研究開発 を行う。

    • 実施目的

      学内の電気・電子・材料・通信を専門とする研究者と、学部・学科の枠を超えて連携し、新エネルギーの生成・システム構築・ アプリケーションに至るまでの各要素技術を分野横断的に開発し、岡山理科大学発の新分散型発電方式を社会に広く発信すること を主目的とする。ターゲットとする発電方式は、熱・風力・水力発電であり、発電からアプリケーションに至るまでの技術研究開発 を行う。

    • 実施目的

      学内の電気・電子・材料・通信を専門とする研究者と、学部・学科の枠を超えて連携し、新エネルギーの生成・システム構築・ アプリケーションに至るまでの各要素技術を分野横断的に開発し、岡山理科大学発の新分散型発電方式を社会に広く発信すること を主目的とする。ターゲットとする発電方式は、熱・風力・水力発電であり、発電からアプリケーションに至るまでの技術研究開発 を行う。


    研究テーマ

    排熱発電

    異なる金属または半導体材料を接合し、その接合部分に温度差を設けると電圧が発生する。このような 温度差から電力を得ることができる物理現象はゼーベック効果と呼ばれる。ゼーベック効果の応用例として 熱電池があげられ、次世代のクリーンエネルギー発電デバイスとして注目を集めている。出力が数ミリワット の熱電池は、微小電力で駆動する独立型のセンシング・無線通信システムへ駆動電圧を供給する用途等で産業 応用化が進んでいる。 本取り組み項目では、出力電力が数ワットに達する中電力用途の熱電池に接続する電力変換回路の開発を行う。 自動車の排気系に取り付け、バッテリへ電力供給することによる燃費向上の実現を見据える。

    超伝導発電

    風力・水力発電に応用可能な超伝導発電機の開発を目指す。超電動発電機を搭載した風力・水力発電に関しては前例がなく、 本プロジェクトを通じてその基礎要素技術の開発をすすめる。掲載写真は開発中の超電導モータであり、従来機と比較し、 磁束の利用効率、鉄損、出力重量比、冷却効果、高速回転などの観点から、高性能な出力特性を有している。 本取り組み項目では、システムの更なる性能向上を目指す。

    IoT電力管理システム

    排熱発電システムに対して、熱電池と負荷の最大電力整合に関する技術研究開発を行い、 マイクロコンピュータを用いて熱電池から最大電力を取り出すための制御システムの構築を目指す。

    可視光通信システム

    水力・風力発電においては、広域に設置される発電システムの電力管理をどのように行うのかが鍵となり、 可視光通信を用いた通信システムの実現を目指す。

    非接触給電システム

    得られた電力を有効かつ快適に利用するうえで、電力供給システムを整備・構築しておく必要がある。本取り組み項目では、 従来法と比較して1/200以下の極端に低い交流周波数帯でのワイヤレス給電システムの要素技術の開発をすすめる。